• TOP
  • >
  • 邦画
  • >
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日

お気に入りに追加

ALWAYS 続・三丁目の夕日

制作年:2007年/本編時間: 146 分

昭和34年――日本の空は広かった。

レンタル料金(税別)

HD(高画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

SD(標準画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

300円/48時間

作品詳細

ALWAYS 続・三丁目の夕日

西岸良平の人気コミックを実写映画化し大ヒットした人情ドラマの続編。前作終了時点から4ヶ月後の東京下町を舞台に、夕日町三丁目に暮らす面々の人間模様をノスタルジックに描く。監督は引き続き「ジュブナイル」「リターナー Returner」の山崎貴。

昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川が黙って去って行ったヒロミを想い続けながら淳之介と暮らしていた。そこへある日、淳之介の実父である川渕が再び息子を連れ戻しにやって来る。そして、人並みの暮らしをさせることを条件に改めて淳之介を預かった茶川は、安定した生活と共にヒロミへ一人前の自分を見せられるよう、一度はあきらめていた“芥川賞受賞”の夢に向かって執筆を始めるのだった。一方、経営が軌道に乗り始めていた鈴木オートでは、事業に失敗してしまった親戚の娘・美加をしばらく預かることになるのだが…。

スタッフ

[監督]山崎貴[プロデューサー]安藤親広/山際新平/高橋望/倉田貴也[原作]原作:西岸良平「三丁目の夕日」(小学館刊)[脚本]山崎貴/古沢良太[音楽]佐藤直紀[エグゼクティブ・プロデューサ]阿部秀司/奥田誠治

この作品を見た人におすすめ

ALWAYS 三丁目の夕日'64

ALWAYS 三丁目の夕日

64-ロクヨン-後編

64-ロクヨン-前編

小さいおうち

雲のむこう、約束の場所

半落ち

本能寺ホテル

日本のいちばん長い日

駆込み女と駆出し男

神様はバリにいる

宇宙兄弟

プリンセス トヨトミ

容疑者Xの献身

舞妓Haaaan!!!

ローレライ

杉原千畝 スギハラチウネ

探偵はBARにいる

ラスト サムライ

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer

最近チェックした作品

ALWAYS 続・三丁目の夕日



PAGE TOP