お気に入りに追加

海街diary

制作年:2015年/本編時間: 128 分

家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。

レンタル料金(税別)

HD(高画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

500円/48時間

SD(標準画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

作品詳細

海街diary

第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞の、吉田秋生のベストセラーコミックを、『そして父になる』の是枝裕和監督が映画化。今、一番見たい“四姉妹”が実現した。 四姉妹が織り成す清新でリアルな絆を描き、性別、世代を超えて熱狂的な人気を集めるコミック「海街diary」。この作品をどうしても自分の手で、と熱望し映画化に挑んだのは、2013年カンヌ国際映画祭審査員賞をはじめ数々の賞に輝いた『そして父になる』の是枝裕和監督。そんな是枝監督のもとに、今を咲き誇る女優たちが集まった。長女に綾瀬はるか、次女に長澤まさみ、三女に夏帆、異母妹の四女に広瀬すず。さらに、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、樹木希林と、日本を代表する豪華俳優陣による贅沢な共演が実現した。

まぶしい光に包まれた夏の朝、三姉妹に届いた父の訃報。15年前、父は女と出て行き、その後、母も再婚して家を去った。三姉妹を育てた祖母もとうに亡くなり、広くて古い鎌倉の家には、彼女たちだけが残った。両親へのわだかまりを抱えた、しっかり者の長女の幸と、そんな姉と何かとぶつかる次女の佳乃、マイぺースな三女の千佳。三人は父の葬儀で、腹違いの妹すずと出会う。頼るべき母も既に亡くし、それでも気丈に振る舞う、まだ中学生のすず。そんな彼女の涙を見て、幸は、別れ際に「いっしょに暮さない?」と誘う。そして、秋風とともに、すずが鎌倉へやって来る。四人で始める新しい生活。それぞれの複雑な想いが浮かび上がる―。

スタッフ

[監督]是枝裕和[原作]吉田秋生[脚本]是枝裕和[製作]石原隆/都築伸一郎

この作品を見た人におすすめ

本能寺ホテル

高台家の人々

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-

リアル~完全なる首長竜の日~

映画 ひみつのアッコちゃん

映画 ホタルノヒカリ

あなたへ

プリンセス トヨトミ

ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~

おっぱいバレー

ROOKIES -卒業-

ハッピーフライト

ICHI

銀魂

君の名は。

グッドモーニングショー

アイアムアヒーロー

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~

潔く柔く

最近チェックした作品

海街diary



PAGE TOP